オーガニックコスメに対して、今までのコスメは肌に毒だったのですか?

オーガニックコスメに対して、今までのコスメは肌に毒だったのですか?

オーガニックコスメに対して、今までのコスメを「肌」前提で考えるのあれば、
言い過ぎかもしれませんが「毒」といっても過言ではないと思います。

 

あくまで「肌」に対しての評価です。

 

使用感や使い勝手の面で考えれば現在のコスメのほうが良い点も多くあります。
気にしてしまえば使える化粧品は100%天然由来のコスメしか残っていないでしょう。

 

オーガニックコスメは有機栽培された植物をメインに作られた化粧品のことを指し、
お肌に優しく使うことができます。

 

ここでいう今までのコスメは、浸透力や保湿、香りを重視する傾向にあり、
界面活性剤などの化学物質が多く使われています。

 

化粧品に使われる界面活性剤は石油系のものを多く使われているため注意が必要です。

 

石油系界面活性剤は浸透力が強力で、お肌から体内に侵入しやすくタンパク質を壊してしまう作用があります。

 

肌の湿疹や痒み、肌荒れなど肌のトラブルにも繋がり、
更には内臓に障害を及ぼす原因にもなりかねないのです。

 

石油が一概に悪いとは言い切れませんがアレルギーやお肌に掛かる負担のことを考えれば、
一般の化粧品の使用は控えて全てオーガニックコスメに変えるべきでしょう。

 

ただ、オーガニックコスメだけではまかない切れない場面も多々出てくると思います。

 

先にも書いたとおり、気にしてしまえば通常売っている美容関連の製品は一切使うことが出来なくなってしまいます。

 

なのでコスメを選ぶ際は適材適所で割り切るべきだと思います。